USJと大阪大好き

USJと大阪めぐりが楽しくなるとっておき情報てんこ盛り

USJと大阪大好き

USJのハリウッドドリームはスカート大丈夫?丈や服装の選び方は?

2019年02月24日
USJでの服装はロングスカートやガウチョパンツで楽しむコツ

USJの大人気アトラクションといえば

ハリウッドドリームザライド。

 

王道絶叫系コースターですね。

 

USJの入口で上方を見上げると、

ハリウッドドリームの線路と

絶叫の声を響かせながら

通りに抜ける乗り物が見えるはず。

 

そんなハリウッドドリームに乗るなら、

服装、特にスカートが

気になりますよね。

 

おしゃれはしたいけど、

スカートが邪魔で

うまく乗れなかったり、

まくれたりすると困ってしまいます。

 

そこで、ハリウッドドリームに

何度もスカートで乗った経験から、

スカートの服装の選び方を

ご紹介します。

 

ハリウッドドリームザライドの動きで服装が決まる?

 

USJの絶叫系コースターといえば

ハリウッドドリームザライドと

(バックドロップも)

フライングダイナソー。

 

この2つのアトラクションは、

姿勢が上下反対になるかどうかが

大きく違います。

 

ハリウッドドリームザライドは、

急上昇や急降下、旋回など

激しい動きを繰り返し、

びっくりするほどの浮遊感を感じます。

 

しかし、ハリウッドドリームに

乗っているときの姿勢は、

多少の傾きはあるにしても、

頭が上で、足が下になる

普通に座るときの姿勢です。

 

さらに、ハリウッドドリームは、

足元に床があるので、

下から見上げても見えません。

 

ハリウッドドリームザライドと

バックドロップは

こんな感じの乗り物になります。

 

では、ハリウッドドリームザライドは

スカートで乗っても大丈夫でしょうか。

 

USJのハリウッドドリームはスカート大丈夫?丈や服装の選び方は?

ハリウッドドリームとバックドロップはスカート大丈夫?

 

ハリウッドドリームザライドと

バックドロップの乗り物の形と

動きからは、

下から見上げても見えないので大丈夫。

 

あとは、動いているときに

スカートがまくれたり

邪魔になったりしないかが

気になりますよね。

 

ハリウッドドリームザライドは、

座席の形が

普通の椅子ではありません。

 

まず、お尻の部分が

少し下がっているので、

座るとすっぽり入ってしまいます。

 

そして、ここがポイント。

 

太ももの内側にあたる部分が

少し膨らんでいるのです。

 

これがあることで、

太ももの部分もすっぽり入って

固定されるようになっています。

 

さらに、前にある安全バーは

手前に倒すときに

足の間にもバーが倒れてきて

太ももを上から固定します。

 

つまり、ハリウッドドリームでは、

座席に座ると、

太ももの間やひざの間が

少し開いてしまうのです。

 

スカートを着慣れている人なら

この問題が分かると思います。

 

太ももやひざの間が開く

ということは、

ぴったりしたタイトスカートは

避けたほうがいいですね。

 

また、お尻がすっぽり入る座席なので、

座るときにスカートが

少し上がってしまいます。

 

もし、超ミニスカートを履いていると、

裾が少し上がってしまいます。

 

座席に座るのは、

次の乗車待ちの人達の前なので、

ちょっとまずいですよね。

 

だから、

ハリウッドドリームザライドでは、

ミニスカートでも

ひざ丈近くの丈は欲しいところです。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です