USJと大阪大好き

USJと大阪めぐりが楽しくなるとっておき情報てんこ盛り

USJと大阪大好き

USJでは12月は気温が低いし寒い?服装やグッズの工夫ポイント!

2018年12月19日

12月のUSJといえば

ちょっと特別なとき。

 

それは・・・

 

クリスマスイベントで

パーク内がすごく盛り上がるから。

 

USJの中のクリスマス一色で、

大きなクリスマスツリーに、

クリスマスイベント盛りだくさん。

 

クリスマスのイルミネーションも

最高に素敵です。

 

そんな12月のUSJですが、

寒いのが残念なところ。

 

さらに、USJで遊ぶとなると

屋外にいる時間が長いため、

街中とは違った対策が必要になります。

 

そこで、

クリスマスイベント真っ盛りのUSJで

寒さに負けずに楽しむための

服装やグッズなどをご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

12月の大阪のUSJは寒い?

12月の大阪は全国的に見ると

目立って寒くはありません。

 

とはいっても、あたりまえですが、

冬はどこにいても寒い。

 

でも大阪で一番寒いのは、

1月と2月なのです。

 

12月はまだ大丈夫。

 

お日さまが当たる昼間なら

10度以上の気温になることも多いので

暖かく感じるときもあります。

 

しかし、それは昼間だけ。

 

陽が落ちて夜になると

一気に冷え込みます。

 

気温は一桁まで下がり、

日によっては2,3度になることも。

 

さらに、USJは大阪の中でも

海に近い場所にあります。

 

だから、海から吹き込む風で、

よけいに寒さを感じるのです。

 

また、大阪の12月は、

日によっては

昼間の気温がかなり変わります。

 

暖かい日は

20度近くまで上がったと思えば、

寒い日は10度に満たないなど。

 

だから、大阪にあるUSJに来るときは、

天気予報で気温を確認して、

服装などの対策を考えましょう。

 

USJでは12月は気温が低いし寒い?服装やグッズの工夫ポイント!

12月のきまぐれ気温の服装対策

 

12月は寒いとはいえ、

日中の気温は高いときもあれば、

低いときもあります。

 

また、アトラクションなどで

動き回った後は

体が温まって暖かく感じる場合も。

 

だから、

12月のUSJ対策の服装は、

 

重ね着で保温。

 

特に上を重ね着しておけば、

暑ければ服を脱ぎ、

寒ければ服を着るというように

調整することができます。

 

実は、今年の12月初めは

大阪在住の私もびっくりの

超暖かい日があったのです。

 

それも最高気温24度。

 

この気温を予報で知った私は、

暖かい日に

クリスマスイベントが体験できると

うきうきでUSJに向かいました。

 

そこで見かけたのが、

ダウンジャケットを着た人たち。

 

12月なので寒さ対策として、

温かい上着を選んだのでしょうが、

この日は大はずれでした。

 

しかも、重ね着してないので、

服で温度調節ができず、

ダウンジャケットが

脱げないようでした。

 

すごく暑そうでした。

 

これほど極端に

大阪で気温が上がることは、

まずありません。

 

しかし、12月は

暖かい日や寒い日が交互に続くので

重ね着で暖かさの調整が

できるようにすると安心ですね。

 

スポンサーリンク

 

USJでは12月は気温が低いし寒い?服装やグッズの工夫ポイント!

クリスマスだからこそ服装で楽しみたい

12月といえばクリスマス。

 

だから、ハロウィンとは

また違った服装の楽しみ方が

ありますよね。

 

デートでおしゃれしたり、

クリスマスの仮装をしたり、

ハリーポッターの仮装もアリですね。

 

そうすると、

暖かさだけを考えて

自由に服を選ぶのが難しい。

 

そんなときにおすすめなのが

インナーに暖かいものを選ぶこと。

 

ユニクロのヒートテックなら、

薄くて暖かいので、

服装にこだわるならおすすめです。

 

ただし、ヒートテックは、

重ね着しても効果は1枚分なので、

ヒートテックを2枚とか着ないように。

 

もう一つおすすめなのが、

振るだけで暖かくなる

カイロ(ホッカイロ)。

 

衣服で温まるには、

体の熱が必要になりますか、

カイロはそれ自体が発熱するので

一気に暖かくなります。

 

カイロを貼る場所は腰やお腹。

 

もし、スカートをはくなら、

足首(かかとの上あたり)にも

カイロを張りましょう。

 

寒がりの人は、

肩甲骨の間や首の裏もおすすめ。

 

でも、カイロを貼りすぎるのは

どうなんでしょうか・・・。

 

このように、

インナーを工夫してカイロを使えば、

仮装したりおしゃれしたりするのが

だいぶ楽になりますね。

 

最後は、USJならではの服装

ハリーポッターの冬対策。

 

USJでは12月は気温が低いし寒い?服装やグッズの工夫ポイント!

ハリーポッターの仮装の冬対策

ユニバのハリーポッターエリアでは、

ハリーポッターの仮装、

ホグワーツ魔法魔術学校の衣装を

着ている人を多く見かけます。

 

ハリーポッターの仮装のポイントは、

魔法使いなので、

ローブ(マント)とマフラー、

魔法の杖ですね。

 

そのなかでもローブは、

上着の一番上に羽織るもの。

 

でも、冬の上着って

ダウンジャケットのように、

もこもこの厚手ものを着ることが

多いですよね。

 

しかし、ローブは、

ユニバで販売されている正規品でも

はっきりいって生地が薄い。

 

USJでは、夏でも

ローブを着ている人がいるので

厚みがあって暑いと困るのですが。

 

だから、ハリーポッターのローブは

防寒の役目は全く果たしません。

 

また、マフラーは、

ハリーポッターのローブとセットなので、

違うマフラーをすると

仮装の気分が半減してしまいます。

 

ハリーポッターのマフラーについて

詳しくはこちら。

↓ ↓ ↓ ↓

USJのハリーポッターのマフラーには種類がある?キャラと寮で選ぶ

USJではハリーポッターのマフラーが2種類?違いと選ぶポイント

 

そのため、冬の寒い12月に

ハリーポッターの仮装をするなら、

ローブが着れるように

もこもこはほどほどの

コートかジャケットと、

ハリーポッターのマフラーが必要です。

 

また、服の厚着がしにくいので、

インナーのヒートテックや

カイロは欠かせませんね。

 

スポンサーリンク

 

USJでは12月は気温が低いし寒い?服装やグッズの工夫ポイント!

まとめ

 

12月のUSJを楽しむための

服装やグッズで寒さ対策するポイントを

ご紹介しました。

 

クリスマスシーズンだと、

寒いけどおしゃれもしたいし、

仮装で盛り上がりたい!

 

そんなときに

ご紹介した方法を参考に

服装を選んでみてくださいね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です