USJと大阪大好き

USJと大阪めぐりが楽しくなるとっておき情報てんこ盛り

USJと大阪大好き

USJハロウィンのゾンビに子供は?怖いとき襲われないコツ

2019年05月22日 [ USJ ゾンビ ハロウィン 子供 ]
アイキャッチ画像

USJのハロウィンでは、

暗くなり始めたUSJパーク内を

ゾンビがぞろぞろ徘徊するらしい。

 

また、このゾンビが

ハリウッドメイク真っ青なほど

超リアルなゾンビだとか。

 

小学生の子供と一緒に

USJに行くのが

不安になってしまいますよね。

 

そんなゾンビの正体は、

ハロウィン・ホラーナイトの

ストリートゾンビ。

 

そのゾンビがうろうろするUSJを

小学生の子供と一緒に

怖いを楽しむコツをご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

USJハロウィンのゾンビは子供でも怖いを楽しめる?

USJハロウィンのホラーナイトで

大人気なのがストリートゾンビ。

 

USJのパーク内を

リアルなゾンビがうろうろと

徘徊するので、

パーク内は一気にホラーな雰囲気に。

 

パーク内の照明も薄暗くなり、

霧のようなもやが湧きだす場所

まであります。

 

さらに、不安な気分を盛り上げる

音楽がガンガン流れるのです。

 

巨大なお化け屋敷というより、

ホラー映画の世界に

迷い込んだ感じでしょうか。

 

そんな感じなので、

ホラーな感じが苦手な子供には

正直厳しいかなとは思います。

 

しかし、エリアによって、

ゾンビのテーマが違います。

 

例えば、朽ち果てた海賊とか、

不気味なサーカス団など。

 

ちなみに、私の実体験では、

8つのゾンビのテーマのうち、

一番ましで子供も大丈夫かも

と思えたのは、

不気味なサーカス団でした。

 

このように、

USJハロウィンのホラーナイトで

ストリートゾンビを子供と楽しむなら、

子供が大丈夫そうなテーマを

狙うのがおすすめ。

 

でも、もし、子供や自分が

ゾンビに出くわすのが怖いと感じたら

逃げましょう。

 

ゾンビは1,2歩近づいて

襲うように脅かしたりしますが、

追いかけてはきません。

 

それに、ゾンビは来園者には触れない

というルールがあるのです。

 

だから、ゾンビから、

逃げるや離れるは効果的。

 

それでも、場のホラーな雰囲気は

吹き飛ぶわけではありません。

 

もう、これはダメだと感じたら、

セーフティエリアに避難しましょう。

 

セーフティエリア(安全エリア)は、

ゾンビが絶対に来ない場所のこと。

 

その場所は、

ミニオンパークと

ユニバーサルワンダーランドの2つ。

 

この2つのエリアは、

イルミネーションやキャラは

ハロウィンパーティな感じ。

 

ホラーな雰囲気は全くなく、

ゾンビも来ないので安心ですね。

 

では、怖いと評判のゾンビは、

実際はどんな感じなのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

USJハロウィンのゾンビに子供は?怖いとき襲われないコツ

USJハロウィンのゾンビが怖いところはコレ!

 

USJハロウィンのホラーナイトで

大人気なのがストリートゾンビ。

 

暗くなり始めた夕方18時から

開催されるストリートゾンビは、

ゾンビがパーク内を徘徊し始めます。

 

そんなゾンビがうろうろするところは、

パレードのように、

ゾンビ専用エリアと観客エリアと

2つに分かれていません。

 

ざっくりいうと、

来園者とゾンビが混ざっていて

混沌としている感じでしょうか。

 

ふと隣を見ると、

人ではなくゾンビだった!

 

これは私の実体験ですが、

キャーという言葉も口に出せずに

無言で体がカチンコチンに

なってしまいました。

 

あれは怖かった。

 

でも、それだけではありません。

 

ゾンビたちは

リアルな特殊メイクをして

普通に歩いているわけではないのです。

 

ゾンビのお化けらしい仕草と

人間らしくない無表情で、

酔っ払いのゾンビ版という感じで

歩いているのです。

 

そして、手に持っているのは・・・

 

チェーンソー!?

 

というゾンビもいました。

 

さらに、そんなゾンビたちが

人を脅かすように

ワッ!としてきたら・・・。

 

普通にあるお化け屋敷よりも

怖いと思う人もいるはず。

 

だから、ハロウィンホラーナイトの

危険レベルが低いからと

油断してはいけません。

 

小学生の子供と楽しむなら、

自分の子供がどこまで大丈夫か

十分見極めた方がいいですね。

 

USJハロウィンのゾンビに子供は?怖いとき襲われないコツ

USJハロウィンのゾンビに襲われないコツ

 

USJハロウィンの

ストリートゾンビでは、

ゾンビに襲われそうになることも。

 

ゾンビから離れていると、

襲われることはありません。

 

しかし、怖いもの見たさで、

ゾンビに近づいてしまうと、

脅かしてきます。

 

これがすっごく怖いのです。

 

何度がゾンビに近づいてみたところ、

ゾンビに遭遇しても襲われないコツ

というのを発見しました。

 

一つめは、

 

ゾンビを見ても気づかない振り。

 

ゾンビはUSJのキャストが

演じている役の一つ。

 

だから、動きが人間離れしていても、

やはり人間なんですね。

 

だから、知らない振りして

通り過ぎれば、

脅かすように襲うことはありません。

 

二つめは、

 

ゾンビに遭遇しても目を合わせない。

 

ゾンビは近づいて目を合わせると

こちらに興味を示します。

 

だから、

ゾンビに襲われないためには、

例えゾンビが近くにいても

目を合わせなければ大丈夫。

 

ゾンビがいる周辺は

薄暗いうえに人で大混雑しています。

 

ゾンビがすぐ近くにいても、

すぐに離れてしまいますよ。

 

これさえ押さえておけば、

ゾンビが怖くなってもしのげますね。

 

スポンサーリンク

 

USJハロウィンのゾンビに子供は?怖いとき襲われないコツ

まとめ

 

USJハロウィンイベントの目玉、

ストリートゾンビに

小学生の子供は大丈夫かについて

ご紹介しました。

 

ストリートゾンビのゾンビは、

動きにルールがあります。

 

それに、ゾンビがやってこない、

セーフティエリア(安全エリア)も

あります。

 

だから、もし、

小学生の子供本人が

USJハロウィンのストリートゾンビに

行きたいというなら、

参加しても大丈夫とは思います。

 

ただし、決して無理だけはしないように、

子供だけではなく同伴する大人も

十分注意しましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です