USJと大阪大好き

USJと大阪めぐりが楽しくなるとっておき情報てんこ盛り

USJと大阪大好き

USJハロウィンは未就学児OK?こわかわとセーフティエリアが鍵

2019年09月07日 [ USJ ハロウィン 未就学児 ]

秋といえばUSJのハロウィン。

 

USJのハロウィンイベントでは、

西洋と日本のホラーが満喫できる

ハロウィンホラーナイトが

実施されています。

 

このハロウィン限定イベントが

乗物でもないのに絶叫系ホラーが

てんこ盛り。

 

ホラー映画やお化け屋敷を

楽しめるなら

この限定イベントは楽しみですね。

 

しかし、小学生未満の

未就学児にとっては、

絶叫&激怖いアトラクションは

ヤバイ感じがしますよね。

 

そこで、USJハロウィンで

未就学児が楽しめむコツを

ご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

USJハロウィンで未就学児と一緒に楽しむコツ

USJハロウィンは、

ホラーなお化け屋敷のような

イベントで大人気ですね。

 

でも、幼稚園や保育園などの

未就学児にとっては、

怖すぎるだけでなく、

年齢的にもおすすめできません。

 

それに、USJでは、

怖さの指標ホラーレベルによて

体験できる年齢が決まっています。

 

では、実際にどんな限定イベントが

行われているのでしょうか。

 

USJハロウィンの限定イベントは、

大きく3つのテーマに分かれます。

 

・ハロウィーン・ホラー・ナイト

・大人ハロウィーン

・こわかわハロウィーン

 

このうち、

ハロウィーン・ホラー・ナイトと

大人ハロウィーンは、

未就学児は体験できません。

 

そうなると、

USJのハロウィンは、

未就学児が一緒だと楽しめないかも

と思っているかもしれません。

 

でも大丈夫。

 

USJのハロウィン限定もので

小学生未満の未就学児が

楽しんで体験できるものがあります。

 

それは・・・

 

こわかわハロウィーン。

 

小学生以下の子供や未就学児も

ハロウィンを楽しめるように

ホラーではないイベントが行われます。

 

幼稚園や保育園などの

未就学児の小さい子供と一緒に

USJのハロウィンに行くなら、

こわかわハロウィーンを狙いましょう。

 

スポンサーリンク

 

USJハロウィンは未就学児OK?こわかわとセーフティエリアが鍵

USJのハロウィンでこわかわイベントで楽しむには?

 

USJハロウィンの限定イベントの1つ

こわかわハロウィンには、

未就学児も楽しめるイベントが

用意されています。

 

小学生以下で未就園児も

参加できるイベントは次の3つ。

 

・イタズラ・ストリート

・ハッピー・トリックオアトリート

・パーク中でトリックオアトリート

 

全年齢対象のイベントは次の2つ。

 

・フェスタ・デ・パレード

・ワンダーランドシーズンズジョイ

~ハロウィーンver.~

 

USJのハロウィンイベントでは、

未就学児が参加できないものが

多いので、

中学生以上が参加できない

イベントも用意されています。

 

せっかく、未就学児の子供と一緒に

USJのハロウィンに行くなら、

小学生以下しか参加できない

イベントを狙いましょう。

 

では、未就学児におすすめの

こわかわハロウィンをご紹介します。

 

イタズラ・ストリート

 

ハロウィンといえば、

トリック・オア・トリート!

「お菓子くれなきゃいたずらするよ」

ですよね。

 

ハロウィンにぴったりな

いたずらが

USJのキャスト一緒にできるんです。

 

その内容は、

3~6歳向けの落書き遊び、

ピニャータ、

カラフルペーパー ミイラごっこ。

 

子どもはいたずらをするのも、

それを用意するのも大好き。

 

子どもがいたずらストリートで

どんな遊びをするのか、

見ているだけでもわくわくします。

 

動画を撮影できるビデオも

忘れずに。

もちろん、スマホでも大丈夫。

開催時間は10時から13時。

 

場所はニューヨーク・エリアの

スパイダーマン斜め向かいの

お店が立ち並ぶ通りです。

 

なお、未就学児の子どもが

いたずらストリートを体験するには、

子ども1人につき

大人1人の付き添いが必要です。

 

ハッピー・トリック・オア・トリート

 

トリックオアトリートは、

ハロウィンで子どもが

お菓子をもらうための合言葉。

 

ハッピートリックオアトリートでは、

キャンディだけでなく、

いろんなお菓子がいっぱい。

 

開催時間は10時から13時。

 

開催場所は、

ハリウッドドリームザライドと

バックドロップの入口がある

ハリウッド大通りです。

 

パーク中でトリック・オア・トリート!

 

このイベントは

いつでもどこでもできる

とっておきイベント。

 

USJパーク内を歩いていると、

USJのクルー(スタッフ)を

あちこちで見かけます。

 

クルーがかぼちゃの形をした

ポシェットを持っていたら当たり。

 

ハリーポッターエリアでは、

かぼちゃポシェットが

かぼちゃキーホルダーになります。

 

かぼちゃといっても、

ジャックオランタン風です。

 

そのかばんを持つクルーに、

「トリックオアトリート」

と伝えると飴がもらえます。

 

でも、このイベント、

未就学児の小さい子供には、

 

元気いっぱい大声で合言葉を

伝える子どもと、

恥ずかしがって言葉にできない

子どもがいます。

 

USJのクルーは優しく笑顔で

お話をしてくれますが、

見知らぬ人に話しかけるのは

やはり勇気がいります。

 

もし、同伴する子どもが

恥ずかしがりやなら、

一緒に付き添って話しやすく

サポートしてあげましょう。

 

USJハロウィンは未就学児OK?こわかわとセーフティエリアが鍵

USJハロウィンはセーフティエリアを活用

USJハロウィンでは、

ハロウィンホラーナイトの一つに

ストリートゾンビがあります。

 

このストリートゾンビは、

夕方18時になると

パーク内がゾンビの徘徊する

ホラーなお化け屋敷風になるのです。

 

照明も暗くなり、

臨場感たっぷりなゾンビが

徘徊すると

顔が引きつるほど怖いです。

 

このストリートゾンビは

ホラーレベル2のイベントなので、

未就学児は参加不可。

 

とはいえ、

パーク全体を使ったイベントなので

クルーによるチェックは

私の経験ではありません。

 

しかし、未就学児の小さな子どもに

見せたいイベントではありません。

 

そうなると、18時以降に

未就学児の子どもと一緒に

すごせる場所がなくなりますよね。

 

そのために、

ゾンビが徘徊しない

セーフティエリア(安全エリア)が

用意されています。

 

セーフティエリア(安全エリア)は、

ユニバーサルワンダーランドと

ミニオンパーク。

 

この2つのエリアなら、

ゾンビも徘徊しないし、

ゾンビ、ホラー系の仮装の人も

いません。

 

だから、18時過ぎても

安心して遊ぶことができます。

 

とはいえ、未就学児の子供なら、

18時過ぎになると

家やホテルに帰る時間かも。

 

もし、子どもが元気なら、

ユニバーサルワンダーランドで

 

ワンダーランド・シーズンズ・ジョイ

~ハロウィーンver.~

 

のイベントが

18時台も開催しています。

 

もし、昼間見逃したなら、

ストリートゾンビが始まったら、

ユニバーサルワンダーランドへ

向かいましょう。

 

スポンサーリンク

 

USJハロウィンは未就学児OK?こわかわとセーフティエリアが鍵

まとめ

 

USJハロウィンで未就学児でも

楽しめる限定イベントを

ご紹介しました。

 

USJのハロウィンというと

ホラーで怖いイメージがありますが、

未就学児を連れていても

十分楽しむことができます。

 

しかし、未就学児の子供連れでは、

大人ハロウィンや

ハロウィンホラーナイトは

体験することができません。

 

大人の人数が多ければ、

2グループに分かれて体験

という方法もあります。

 

USJのハロウィンイベントを

楽しんできてくださいね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です