USJと大阪大好き

USJと大阪めぐりが楽しくなるとっておき情報てんこ盛り

USJと大阪大好き

USJの乗り物で怖くないアトラクションは?絶叫系と酔う&怖い以外

2019年03月29日 [ USJ 乗り物 怖くない ]
USJはアトラクションの選び方で滞在時間や期間が変わる?

USJの楽しみの一つは、

やっぱりアトラクション。

 

USJのテーマやキャラクターに

ぴったり合った乗り物は、

乗って体験することで

さらに気分が盛り上がります。

 

例えば、ミニオンパークだと

ミニオンと一緒にハチャメチャしたい

という夢がかなう乗り物が

ミニオンハチャメチャライド

になります。

 

でも、絶叫系コースターや

動きが激しいものなど

怖くて恐怖を感じてしまうなら

逆効果になりますね。

 

そこで、USJの乗り物で

「怖くない」アトラクションを

ご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

USJで怖くない乗り物が集まるエリアは?

USJのアトラクションは、

ミニオンパークなら

ミニオンハチャメチャライドなど

エリアのテーマに応じたものが

2,3種類あるのが定番。

 

しかし、USJのテーマのなかには

子供向けでないものもあるため、

子供も楽しめるエリアがあります。

 

そのエリアは、

 

ユニバーサル・ワンダーランド

 

子供も楽しめるとはいえ、

テーマのキャラクターは

スヌーピーとハローキティ、

セサミストリート。

 

中高生や大学生、

大人まで虜にする

キャラクターが揃っています。

 

ユニバーサルワンダーランドには

幼児や未就学児が楽しめる

プレイランドとは別に

アトラクションもあります。

 

そのアトラクションの中身は、

メリーゴーランドやゴーカートなど

遊園地の定番の乗り物が

目白押し。

 

そんなアトラクションは

子供も楽しめるのがポイント。

 

だから、

絶叫系の急上昇、急旋回などの

動きが激しいものや

酔ったり、怖くなるものはありません。

 

もし、遊園地の乗り物で

激しいのは勘弁してほしい

という人は、

ユニバーサルワンダーランドで

アトラクションに乗りましょう。

 

ただし、人によっては苦手な

コーヒーカップやバイキング風の

アトラクションもあるので

気を付けてくださいね。

 

でも、せっかくユニバに来たなら

他のエリアの乗り物も

すごく気になりますよね。

 

USJの乗り物で怖くないアトラクションは?絶叫系と酔う&怖い以外

遊園地定番で怖くない乗り物アトラクション8選

遊園地定番ともいえる乗り物で

怖さがぐっと抑えられたものを

ご紹介します。

 

まずは、

ハリーポッターエリアの

フライト・オブ・ザ・ヒッポグリフ。

 

ジェットコースターにしては、

絶叫系ほどではなく、

動きもほどほどの激しさ。

 

でも、ジェットコースターなので

ちょっとした急旋回や上昇、降下あり。

 

でも、ハリウッドドリームに比べたら

絶叫度は天と地ほどの違いがあります。

 

ジェットコースターが苦手でも

ヒッポグリフなら大丈夫

という人もいます。

 

ホグワーツ城の前から

ヒッポグリフの動きが見えるので

それを見てから

乗るかどうか判断してもいいですね。

 

2つめは、ミニオンパークの

ミニオン・ハチャメチャ・アイス。

遊園地の定番のコーヒーカップを

ゴーカート風にした感じでしょうか。

 

はっきりいって

まったく怖くありません。

 

コーヒーカップのように

ぐるぐる回転もしないので

酔うこともないと思います。

 

ここからは、

ユニバーサルワンダーランドの

アトラクションになります。

 

1つめは、

エルモのリトル・ドライブ。

 

遊園地定番のゴーカートで

3歳から6歳(未就学児)までが

乗ることができます。

 

2つめは、

スヌーピーのグレート・レース。

 

ハリーポッターエリアの

フライト・オブ・ザ・ヒッポグリフより、

はるかにミニのジェットコースター。

 

屋内の小さなコースターで、

子供も十分楽しめます。

 

座席が狭いので

カップルにも人気とか。

 

3つめは、

ハローキティのカップケーキ・ドリーム

遊園地定番のコーヒーカップですが、

カップケーキの形をしています。

 

コーヒーカップは

好きか嫌いかが分かれる

乗り物の一つですね。

 

4つめは、

エルモのバブル・バブル。

ミニボートでぐるっと1周する

水上クルーズ気分が味わえる

小さなアトラクション。

 

122cm以上は一人で後列に

乗ることになります。

 

このアトラクションは、

子供に大人気なので、

周辺に人だかりができています。

 

大人だけで乗るのは

ちょっと恥ずかしく感じるかも

しれませんね。

 

5つめは、

セサミのビッグ・ドライブ。

 

遊園地定番のゴーカートです。

 

6歳から12歳のみ乗車できます。

 

6つめは、

エルモのゴーゴー・スケートボード。

振り子のように揺れながら

回転するので、

遊園地定番の船のバイキングに

動きが似ています。

 

バイキングといえば、

コーヒーカップに並んで

好き嫌いが大きく分かれる乗り物。

 

ゴーゴー・スケートボードは、

すぐ近くで動きが見れるので

どんな乗り物か確認してから

乗るのがおすすめです。

 

次は、アトラクションというより

観覧気分でゆっくり楽しめる

乗り物をご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

USJの乗り物で怖くないアトラクションは?絶叫系と酔う&怖い以外

ゆったり観覧気分で楽しむアトラクション4選

USJで動きよりも雰囲気を楽しむ

観覧気分のアトラクション。

 

1つめは、

ジョーズ。

 

ジョーズといえば人食いざめ。

 

ジョーズのアトラクション入口近くには

巨大な人食いザメが

宙づりになっています。

 

そんなジョーズの乗り物は、

大きめのボートで水上に繰り出し、

人食いざめから逃げるというもの。

 

運転は船長さんがいるので

船に乗っているだけで大丈夫。

 

動くスピードはゆっくりで、

船もほとんど揺れません。

 

でも、水しぶきが飛ぶので

気になる人はこちらをチェック。

↓ ↓ ↓ ↓

USJのジョーズは濡れるって本当?濡れたくないなら対策はある?

 

ここから先は、

ユニバーサルワンダーランドの

エリアのアトラクションです。

 

1つめは、

ビッグバードのビッグトップ・サーカス

遊園地定番のメリーゴーランド。

 

メリーゴーランドというと

大人だとちょっと恥ずかしいかな

と思うかもしれません。

 

しかし、私が実際に乗ったところ、

乗り物の座る場所が高いものもあり、

大人でも子供に戻った気分で

楽しめますよ。

 

2つめは、

フライング・スヌーピー。

スヌーピーが垂直軸の周りを

ぐるぐる回るアトラクション。

 

乗る場所がスヌーピーの背中

というのがいいですよね。

 

また、乗っているスヌーピーを

レバーで上下に動かすこともできます。

 

動きは激しくないので

怖くもありません。

 

3つめは、

モッピーのバルーン・トリップ

遊園地定番のバルーンレース。

 

セサミストリートのキャラの気球の

ゴンドラに乗り込んで、

上に向かって上昇した後、

軸の周りをぐるっと回転します。

 

ゴンドラは

自分でも回すことができます。

 

また、

ゴンドラで上昇する高さは、

ユニバ内では

高い位置になるので

USJパーク内を一望できます。

 

もちろん、

大阪の中心部も

見渡すことができます。

 

展望台にもなってしまう

アトラクションです。

 

スポンサーリンク

 

USJの乗り物で怖くないアトラクションは?絶叫系と酔う&怖い以外

まとめ

 

USJの乗り物のなかで

怖くないアトラクションを

ご紹介しました。

 

怖いというのは

人によってとらえ方が違うので

これが正しい

というわけではありません。

 

ユニバで乗り物に乗るとき

どのアトラクションを選ぶかの

参考になればうれしいです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です