USJと大阪大好き

USJと大阪めぐりが楽しくなるとっておき情報てんこ盛り

USJと大阪大好き

USJのヒッポグリフの身長制限は?子供は怖いかも?体験した感想は

2018年11月16日 [ USJ ヒッポグリフ 身長制限 ]

USJのハリーポッターのエリアには、

大人気アトラクションの

ハリーポッターフォービドゥンジャーニーと

フライトオブザヒッポグリフ

略してヒッポグリフがあります。

 

ヒッポグリフは

頭は大鷲、胴体は馬の形の

魔法界の生き物に似せた

屋外のジェットコースター。

 

そんなヒッポグリフは、

絶叫系のジェットコースターの

1つなので、乗車するには

身長制限を超える必要があります。

 

身長が低すぎると

座席の大きさや安全バーが合わず、

すごく危険なので当然ですね。

 

でも、小さな子供と一緒に

ユニバに行くなら

必ずとぶつかる身長の壁でもあります。

 

そこで、ハリーポッターの

ヒッポグリフに乗るための身長制限と、

乗り心地についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

ヒッポグリフの身長制限

フライト・オブ・ザ・ヒッポグリフは

ライダーアトラクションなので、

身長制限があります。

 

その身長の高さは・・・

 

身長122cm以上。

 

身長122cmというと

小さな子供だと無理かな

という高さですが、

これはあくまで一人で乗る時のこと。

 

ヒッポグリフは、乗る場所に

二人掛けの椅子が並んでいます。

 

そんな乗り物でもあることから、

付き添いがいる場合は、

身長92cm以上と

身長制限が低くなります。

 

ただし、親などの付き添いの人は、

身長122cm以上で一人で乗れること。

 

92cmでジェットコースターのような

アトラクションに乗れるというのは、

小さな子供にとっては

すごく貴重な体験の機会ですよね。

 

でも身長制限があるということは、

身長の高さを測る必要があります。

 

USJのヒッポグリフの身長制限は?子供は怖いかも?体験した感想は

ヒッポグリフの身長の測り方

ヒッポグリフに乗る時に、

身長測るといっても、

一人ずつ測っていくわけではありません。

 

ヒッポグリフの乗り場の入口には、

クルー(スタッフ)の人がいて、

身長が身長制限を超えているか、

見た目で判断できないときに、

声をかけてきます。

 

ハリーポッターのクルーに、

身長の高さを確認しましょうと

声をかけられたら、

身長を測ることになります。

 

ヒッポグリフで身長測る場合は、

入口に待ち時間が書いた看板があって、

その下の部分が身長計です。

 

くつを履いたまま、

その身長計の前に立つだけ。

 

あっという間に終わります。

 

ただし、身長が気になる子供や、

身長制限を満たせなかった子供には

大人や付き添いの人が

フォローしてあげてくださいね。

 

身長制限を満たして

さあヒッポグリフに乗ろうするなら

どんな感じの乗り物なのか

気になりますよね。

 

特に子供が小さいならなおさら。

 

スポンサーリンク

 

USJのヒッポグリフの身長制限は?子供は怖いかも?体験した感想は

ヒッポグリフに乗った感想

まず、ヒッポグリフは

乗り場といい、見た目といい

あっさりしています。

 

あっさりとは、

ハリウッドドリームや

フライングダイナソーのように

安全にすごく気をつかっている

という重い空気がないということ。

 

そして、安全バーも

座席の前にあるバーを

前に倒すだけ。

 

背もたれも低いし、

安全バーも

ジュラシックパークザライドよりも

細くてシンプル。

 

だから、

アトラクションとしての怖さも

それほどではない

というのが感じられると思います。

 

そして、実際に乗ってみると、

速度も街の中の車と

対して変わりません。

 

ジェットコースターにありがちな

上に向かって登ったあと、

急降下というのも・・・

 

それほど降下しません。

 

絶叫系アトラクションでありがちな

浮遊感もほとんどなし。

 

ハリウッドドリームの後に

ヒッポグリフに乗ったら、

ジェットコースター感は

ほとんどありません。

 

絶叫系ジェットコースター好きには

はっきりいって物足りません。

 

でも、小さい子供なら

ヒッポグリフに乗ったとき

どう感じるでしょうか。

 

フライト・オブ・ザ・ヒッポグリフに

小さい子供が乗っているのを

何度か見かけたことがあります。

 

でも、乗っているときや

乗った後に泣いている子供は

見たことありません。

 

待ち時間が長すぎて

退屈に耐え切れずに

かんしゃくを起こしていた子供は

見たことありますが。

 

ヒッポグリフを一言でいうと、

ハリーポッターの展望乗り物

という感じでしょうか。

 

スピードがそれほど速くないので、

ヒッポグリフに乗りながら、

ホグズミード村を一望しつつ、

ホグワーツ城を高いところから見れる

という楽しみがあります。

 

乗り物好きな子供なら

フライト・オブ・ザ・ヒッポグリフを

楽しむことができると思いますよ。

 

スポンサーリンク

 

USJのヒッポグリフの身長制限は?子供は怖いかも?体験した感想は

まとめ

 

USJ(ユニバ)のハリーポッターの

ヒッポグリフについて

乗る条件の身長制限について

ご紹介しました。

 

一人で乗るなら

身長122cm以上、

 

122cm以上でかつ中学生以上の

付き添いがいれば

身長92cmでもOK。

 

ジェットコースターの乗り物

としては、激しくないので

怖さはあまりありません。

 

身長制限を満たすなら、

ヒッポグリフに乗せてあげると

乗り物好きな子供なら

喜ぶと思いますよ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です