USJと大阪大好き

USJと大阪めぐりが楽しくなるとっておき情報てんこ盛り

USJと大阪大好き

USJのXRライドはメガネ着用OK?進撃の巨人やルパン三世ライド

2019年02月17日 [ USJ XRライド メガネ ]

USJでの楽しみの一つは

やっぱりアトラクション。

 

絶叫系アトラクションには、

フライングダイナソーのように

動きの激しいものから、

 

ミニオンハチャメチャライドの

映像で激しい動きを

表現するものもあります。

 

そのなかでも、

スペースファンタジーザライドは、

期間限定でXRライドに変身する

ちょっと変わったアトラクション。

 

XRライドとは、今流行りの

VR(バーチャルリアリティー)を

アトラクションで

体験できるというもの。

 

3D映像と体の動きを

同時に体感することで、

映画やゲームに飛び込んだ気分で

登場人物として楽しめるのです。

 

2020年1月からは、

大人気の進撃の巨人が

XRライドとして登場。

 

しかし、そんなXRライドでは、

乗り物に乗るとき、

ゴーグルを着用する必要が

あるのです。

 

そこで気になるのが、

メガネを着用できるか。

 

USJのアトラクションによっては

途中で落ちないように

メガネを禁止するものもあるので。

 

そこで、XRライドでの

メガネの扱いについて

ご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

XRライドアトラクションの他の乗り物と違う見どころ

XRライドは前だけでなく、

左右や上など

どこを見渡しても、

3Dの映像が見えます。

 

それもVR(バーチャルリアリティー)

技術を使っているだけあって、

3Dゲームに飛び込んだ感じ。

 

スパイダーマンの

アトラクションで感じる

立体の映像とは

全然違っています。

 

だから、XRライドに乗るときは

ごついゴーグルを

着用する必要があるのです。

 

イメージでいうと、

スキーのゴーグルのごつい版

って感じでしょうか。

 

でも、このゴーグルの映像が

本当にすごいのです。

 

前を向いているときは、

前向きの視界の映像が見えるのは

当然ですよね。

 

しかし、前から右を向いてみると、

その頭の動きに応じて、

映像も動くんです。

 

2020年のクールジャパンの

進撃の巨人XRライドでも

頭を動かすと、

その方向にあるものが見えます。

 

2019年のルパン三世の

カーチェイスライドでは

横を向くと、

隣の座席にルパンが座っている

映像が見えました。

 

それも、立体的な映像で。

 

ここまでいくと、

現実とバーチャルの境目が

分からなくなってしまいます。

 

だからこそ、XRライドは

映画やTVでは体験できない

楽しみがあるのですが。

 

でも、そうなると、

XRライドの肝となるゴーグルを

着用するなら、メガネは

どう扱えばいいのでしょうか。

 

USJのXRライドはメガネ着用OK?進撃の巨人やルパン三世ライド

XRライドはメガネ着用はできない?

進撃の巨人 XRライドや

ルパンのカーチェイスライドなど

XRライドを体験するときは、

ゴーグルを着用します。

 

それなら、メガネは着用できない

と思いますよね。

 

実は2019年のルパン三世の

カーチェイスXRライドまでは

メガネを外す必要がありました。

 

しかし、2020年の

進撃の巨人XRライドでは、

メガネ着用OKだったのです。

 

でも、進撃の巨人XRライドは

ハンジ開発のゴーグル着用なので

進撃の巨人限定かもしれません。

 

つまり、XRライドは

これまでの流れでは、

メガネ着用OKのゴーグルと

メガネ着用不可のゴーグルが

あるということ。

 

そこでメガネ着用OKの

ゴーグルの場合と

メガネ着用不可のゴーグルの場合の

メガネ扱いのポイントをまとめます。

 

まずは、

メガネ着用OKの場合。

 

スポンサーリンク

 

USJのXRライドはメガネ着用OK?進撃の巨人やルパン三世ライド

XRライドでメガネ着用OKの場合のポイント

XRライドでメガネ着用OKの場合のポイント

2020年の

進撃の巨人XRライドでは、

乗り物に乗るときに使うゴーグルは、

なんと、ハンジ開発のゴーグルで、

メガネ着用OKでした。

 

だから、メガネをする場合は、

メガネをかけた上から

ゴーグルを着用するというように

2重になります。

 

そうなると、ゴーグル着用時

メガネ着用OKとはいえ、

ゴーグルよりも大きな眼鏡だと

ゴーグルが着用できませんよね。

 

ゴーグルが着用できるメガネは、

フレームの大きさが、

160mm以下のもの。

 

メガネの形が極端に大きいなど

特別なものを除けば

フレームが160mm以下なら

着けたまま乗車できます。

 

ゴーグルが着用できない大きさのメガネ

しかし、フレームが160mmより

大きい場合など

ゴーグルが着用できないかも

と感じた場合は、

USJのクルーに相談しましょう。

 

とはいえ、XRライドでは、

ゴーグルを着用しないと

体験の意味がありません。

 

おそらくゴーグル未着用で

XRライドを体験することは

できないと思います。

 

もし、メガネの形状で

ゴーグルが着用できない場合は、

メガネを外してゴーグルを

着用することになります。

 

しかし、

メガネ着用OKのゴーグルは、

近視を調整するなど

メガネのような機能は

ついていません。

 

もし、メガネの大きさや形状で

ゴーグルが着用できなさそうなら、

小さめのメガネや

コンタクトレンズなどを

考えて用意しておくのが

おすすめです。

 

スポンサーリンク

 

USJのXRライドはメガネ着用OK?進撃の巨人やルパン三世ライド

XRライドでメガネ着用NGの場合のポイント

XRライドでメガネ着用NGの場合のポイント

XRライドに乗る予定なのに、

メガネを着用できないゴーグル

だったとすると、

 

・メガネがなくても見えるのか

・メガネの扱い

 

が気になります。

 

XRライド乗車時にメガネなしだとどんな感じ?

 

目が見えにくくて

メガネを着用している場合、

メガネを取ってしまうと、

周りが見えにくくなりますよね。

 

XRライドの体験では、

ルパン三世などの3D映像が

アトラクションの肝となります。

 

もし、

視力が低くて映像が見えにくいと

リアル感が激減。

 

アトラクションの楽しさも

半減してしまいます。

 

もちろん、メガネの代用として

コンタクトレンズを

用意できれば問題なし。

 

と思っていたら、

心配する必要はありませんでした。

 

ゴーグルを実際に付けてみると、

ゴーグルには

メガネのような機能が

ついていたのです。

 

ある程度の視力なら、

ピントを合わせることで、

メガネがなくても

映像を見ることができます。

 

視力が片目0.2くらいでも

十分見えたという話を

聞いたことがあります。

 

だから、メガネ着用NGでも

XRライドを楽しむことができます。

 

XRライドのアトラクションは、

立体映像を変えることで

いろんなテーマを楽しめるから

混雑していますよね。

 

2020年1月からは、

進撃の巨人XRライドが始まります。

 

2019年2月から始まった

クールジャパンのXRライドの

ルパン三世カーチェイスライドでは

全アトラクションのなかで

待ち時間1位という混雑さでした。

 

でも、メガネなしでも

XRライドが楽しめると分かれば、

待ち列に並んで

体験してみようかなと思えるかも。

 

では、今着用しているメガネは

どう扱えばいいのでしょうか。

 

XRライド乗車時のメガネの扱い

 

 

USJのXRライドは、

荷物の持ち込みができません。

 

だから、XRライド入口にある

コインロッカーに

荷物を入れてから

待ち列に並ぶことになります。

 

でも、メガネは

外す必要があるまでは

着用しておきたいですよね。

 

だから、コインロッカーに

メガネは入れる必要ありません。

 

メガネを着用したまま

待ち列に並んで進みながら、

アトラクションの説明や

周りの雰囲気を楽しみましょう。

 

すると、XRライドのクルーが、

乗り物に乗り込む少し手前で、

声をかけてきます。

 

メガネを着用していると

メガネケースを

貸し出してくれるので、

そこにメガネを入れてから

乗り物に乗り込みます。

 

もし、上着のポケットに

メガネがすっぽり入るなら、

手持ちのメガネケースに入れて

ポケットに入れてもOK。

 

そして、乗り物に乗るとき、

クルー(スタッフ)が、

ゴーグルを頭につけてくれます。

 

このときに、

普段メガネをしていることを伝え、

ピントの合わせ方を

教えてもらいましょう。

 

あとは、

XRライドのアトラクションを

楽しむだけですね。

 

USJのXRライドはメガネ着用OK?進撃の巨人やルパン三世ライド

まとめ

 

USJのXRライドでの

メガネの扱いについて

ご紹介しました。

 

XRライドは、

実際の動きよりも、

映像の錯覚で体感させるもの。

 

だから、映像が見えないと

リアル感が下がってしまいますね。

 

でも、実は、2020年の

進撃の巨人XRライドでは、

ゴーグル着用するとき

メガネも着用してOKに!

 

2019年までは

ゴーグル着用のとき、

メガネ着用はできませんでした。

 

2020年以降のXRライドが

すべてメガネOKになるかは

今のところ分かりません。

 

XRライドに乗る前に、

メガネの着用に関しては

クルー(スタッフ)の人に

聞いて確認しておきましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です