USJと大阪大好き

USJと大阪めぐりが楽しくなるとっておき情報てんこ盛り

USJと大阪大好き

USJの2月は服装を工夫して楽しむ!防寒グッズや寒さをしのぐ方法

2018年12月18日 [ 2月 USJ 服装 ]

2月になるとUSJのある大阪も

すごく寒くなります。

 

何といっても

1年で一番寒い季節。

 

そんななかでも、もちろん

ユニバーサルスタジオジャパンは

営業していますよ。

 

今のところ、

ウォーターワールドも

上演するみたいだし。

 

まじですか・・・。

↓ ↓ ↓ ↓

USJのウォーターワールドは冬でも開演するの?寒いのに大丈夫?

 

そんな激寒USJですが、

過酷な季節なのもあって

2月は1年の中でも

空いている時期なんですよね。

 

アトラクション狙いなら

まさに狙い目。

 

しかし、そのためには、

服装やUSJでの過ごし方で

寒さ対策は必須です。

 

そこで、

2月のUSJの寒さ対策のポイントを

ご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

2月はUSJのある大阪で一番寒い時期

2月はUSJのある大阪で一番寒い時期

大阪在住の私の経験では、

大阪は2月が一番寒い。

 

朝は寒いし、

夜はさらに激寒。

 

もちろん、

大阪としては・・・ですよ。

 

昼はちょっと日が照っても

それほど温かくないことが多い。

 

それに2月の気温は、

昼間でも2桁ない日が続くので。

 

はっきりいって、

よほどのことがなければ、

外に遊びに行きたくない時期

といってもいいでしょう。

 

だからこそ、

大混雑するUSJに行くなら、

2月こそまさに穴場の時期。

 

実際に2月に

USJに行ったことがあるなら

分かると思いますが、

他の時期ではありえないほど

空いています。

 

それに、USJの入場券にあたる

スタジオパスも

2月は空いている閑散期なので

値段も少し安め。

 

2020年もクールジャパン開催なので

2月のUSJが空いている時期なのに

名探偵コナンやルパン三世、

進撃の巨人のショーや

アトラクションが楽しめます。

 

だから、2月はUSJを満喫するなら

おすすめの時期なのですが、

唯一で最大の問題が寒いこと。

 

2月の大阪は寒いうえに

USJは海の近くにあるため

大阪の街中よりも寒く感じるのです。

 

だから、もし、

2月にUSJに行く覚悟が決まったら、

 

おしゃれは二の次。

 

そこまでやるの

と自分でツッコミたくなるほど

やりすぎなくらい寒さ対策を

ガッツリしましょう。

 

USJの2月は服装を工夫して楽しむ!防寒グッズや寒さをしのぐ方法

USJの寒さは服装で徹底的に対策

寒さ対策としてまずできること。

それは・・・

 

服装ですよね。

 

ユニバでは、

アトラクションやショーは、

屋外で行われるものが多い。

 

また、空いている時期とはいえ

それなりに待ち行列に

並ぶ必要もあります。

 

このアトラクションに並ぶときが

クセモノなのです。

 

屋外の寒い場所で

並ぶことになるのはもちろんですが、

気を付けたいのは

並んでいるときは

少し前に進むくらいしか

身動きしないこと。

 

寒いときはおしくらまんじゅう

というほど、動くことは

体を温めることにつながります。

 

しかし、アトラクションやショーの

待ち行列に並んでいるときは、

体を動かして運動ができません。

 

だから、2月の寒い屋外で

1,2時間並ぶだけで、

体が芯まで冷えてしまいます。

 

さらに、ユニバは2月だと

夜20時頃まで遊ぶことができます。

 

日が暮れてからは、

大人気のナイトパレードもあるし、

夜のハリーポッターエリアの散策も

魔法の世界に迷い込んだ感じで

とっても楽しめます。

 

となると、2月のUSJで

寒い夜に耐えるために

激寒で底冷えする

夜の寒さ対策も必要になりますね。

 

だから、USJで過ごす服装は、

上から下まで

できるだけ温かくすること。

 

遠慮はいりません。

 

はっきりいって、

デザインが許すなら

スキーウェアを着たいくらい。

 

ではまずは

防寒の効果大の上着から。

 

2月の寒いUSJにピッタリの上着

2月の寒いUSJにピッタリの上着

おすすめの上着は、

ダウンのジャンバーや、

ダウンコートやダウンジャケット。

 

寒い地域仕様のものだと

さらにうれしいですね。

 

カナダや北欧のものだと

暖かさが段違いなものがあるので

狙い目です。

 

もちろん、ウールやカシミヤの

温かいコートやジャケットでもOK.

 

ここで注意したいのが、

コートやジャケットの丈。

 

長時間、寒い屋外にいるので、

お腹や腰の冷えに

気を付けたいところ。

 

だから、上着の丈は、

お腹や腰がすっぽり包まれて、

お尻が隠れるくらいの長さは

欲しいですね。

 

そうなると、

ダウンなどのジャンバーは

暖かい上着の王道の一つですが

丈が短めなのが多いので

あまりおすすめできません。

 

でも、コートやジャンバー、

ジャケットで丈が長い服だと、

アトラクションに乗るときに

大丈夫か気になりますよね。

 

でも大丈夫。

 

私は2月の冬のUSJに行くときは、

お尻が隠れるくらいの丈の

ダウンコートを着ていますが、

特に困ったことはありません。

 

もし、気になるようなら、

気を付けるポイントを

こちらで確認しておきましょう。

↓ ↓ ↓ ↓

USJのアトラクションはコートで乗れる?ロングコートも大丈夫?

 

ちなみに、

フライングダイナソーと

ハリウッドドリームザライド、

バックドロップ、

フライトオブザヒッポグリフは、

 

屋外のジェットコースター風

アトラクションなので

乗り物に乗るときも

必ず上着を着てくださいね。

 

乗り物に乗りにくいからと

ダウンジャケットやコートを

脱いでしまうと

寒さに耐えれなくなってしまいます。

 

2月のUSJは立っているだけでも

寒いのに、

屋外のジェットコースター風の

アトラクションに乗ると

猛烈な風も吹きつけるので

想像を絶する寒さになります。

 

そう考えると、

これらのアトラクションに乗るなら

少し暑めくらいの服装でも

いいかもしれませんね。

 

次は、コートやジャケットの下に着る服。

 

2月の寒いUSJにピッタリのトップス

2月の寒いUSJにピッタリのトップス

トップスなど上着の下に着る服も

防寒を最優先に考えて

温かいセーターなどを着ます。

 

ただし、重ね着するのがおすすめ。

 

空気の層ができて温かいだけでなく、

もし、ラッキーにも温かい日なら、

重ね着している服を脱ぐと

温度調整ができますね。

 

上着を脱ぐとなると

荷物になってかさばるので

多少の調整なら

下に着る服で調整するのがおすすめです。

 

特に最近だと

ユニクロのヒートテックなど

薄着でも暖かい服もあります。

 

このような暖かくて

保温効果が高い服や下着を

うまく使いましょう。

 

2月の寒いUSJにピッタリのボトムス

 

ズボンやスカートなどのボトムスも

防寒仕様のものがベスト。

 

アンダーに保温のインナーや

厚手のタイツなどもおすすめ。

 

ズボンやスラックス、

ワイドパンツやガウチョパンツなら、

下にもう一枚履くのも簡単ですよね。

 

ヒートテックのスパッツを

ズボンなどの下に履くと

段違いの暖かさになりますよ。

 

でも、一番大切なのは、

 

足首を冷やさないこと。

 

ふくらはぎは注目されるのですが

足首が忘れられがち。

 

足首が冷えると

体調を崩しやすくなり

風邪をひきやすくなります。

 

レッグウォーマーやブーツで

足首を保温するように。

 

私は布団やさんが作った

ダウンのレッグウォーマーを

愛用しています。

 

足首にダウンなので

雪ん子のようになってしまいますが、

すごく暖かいので手放せません。

 

では、防寒用の服装の次は、

防寒できて寒さ凌ぎになる

アイテムのご紹介。

 

スポンサーリンク

 

USJの2月は服装を工夫して楽しむ!防寒グッズや寒さをしのぐ方法

USJの寒さは防寒用アイテムでしのぐ

防寒で欠かせないアイテム

といえば・・・

 

使い捨てカイロ。

 

簡単に発熱できるうえに

長時間持つという優れもの。

 

防寒用の服装をすることで

温かさをキープするといっても、

ベースは体の温かさ。

 

そこに、

発熱するカイロがあれば

温かさはパワーアップ。

 

カイロで温めたい場所は

まずは腰とお腹。

 

さらに冷えるようなら、

首や足首を温めましょう。

 

次に防寒に重宝するアイテムは、

首を温める

マフラーとネックウォーマー。

 

そして、足首を温める

レッグウォーマーかブーツ。

 

忘れてならないのが

手を温める手袋ですね。

 

ここまでは、冬の寒い日に

外で遊ぶなら必須のアイテムですね。

 

さらに、USJだから

おすすめしたいのが、

帽子と耳あて(イヤーマフ)。

 

頭って冷えるんですよね。

 

防寒用の帽子をかぶって

耳あて(イヤーマフ)をすると

思った以上に温かかったのです。

 

普段、ここまでしないので、

ある意味驚きました。

 

USJで夜まで遊ぶなら

帽子+耳当て は必須ですね。

 

USJの2月は服装を工夫して楽しむ!防寒グッズや寒さをしのぐ方法

USJの寒さは温かい場所をでしのぐか熱いスープ?

2月の寒いUSJで過ごすための

服装やグッズ、アイテムを

ご紹介しました。

 

でも、やっぱり

寒いものは寒い。

 

だから、2月だけは

アトラクションを欲張らない。

 

意識して

暖かい場所にいる時間も

設けるようにしましょう。

 

ユニバの中で温かい場所といえば、

お土産などを販売しているお店や、

屋内の食事スペース。

 

それに、シアターショーなど

屋内で行われるショーなど。

 

パーク内には、

ショップならいたるところにあります。

 

特に寒い時期は、

場所によっては

屋外のテラスにも

ストーブが置いてありました。

 

これらの暖かい場所を

有効に活用するのです。

 

体が冷え切ったなと感じたら、

そのままにしない。

 

お店にいって

ゆっくりお土産を選んでみたり、

屋内のシアターショーなどを

楽しみましょう。

 

また、体が冷え切ったときは、

熱い飲み物が予想以上に

効果が高いことに気づきました。

 

ナイトパレードの場所取りのとき、

サーモスの水筒に入れてきた

熱い紅茶を飲んでみたら、

一気に体がほかほかに・・・。

 

USJでは冬になると

車型のワゴンでテイクアウト用の

熱いスープが販売されます。

 

このスープで体を温めるのも

いいですね。

 

USJの2月の寒さは、

暖かい場所で寒さをしのいだり、

熱い飲み物やスープを飲んで

体の冷えを内側から温めて

体調を崩さないように

気を付けて楽しみましょう。

 

スポンサーリンク

 

USJの2月は服装を工夫して楽しむ!防寒グッズや寒さをしのぐ方法

まとめ

 

2月の極寒USJで楽しむために、

服装や防寒アイテムを

ご紹介しました。

 

日本のなかでは、

大阪は寒さは辛くない場所。

 

しかし、2月は

大阪でも寒いのです。

 

特にUSJで遊ぶなら

屋外に長時間いることになります。

 

だから、2月は

防寒対策を忘れずに。

 

やりすぎくらいが

ちょうどいいと思いますよ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です