USJと大阪大好き

USJと大阪めぐりが楽しくなるとっておき情報てんこ盛り

USJと大阪大好き

USJのバックドラフトが熱い!その怖さの衝撃を感想にすると?

2019年09月19日 [ USJ バックドラフト 熱い ]
USJのバックドラフトが熱い!その怖さの衝撃を感想にするとまとめ

USJのアトラクションといえば

フライングダイナソーや

ミニオンハチャメチャライドなど

動きで怖さや驚きを体験する

アトラクションが多いですね。

 

しかし、バックドラフトは

他のアトラクションとは

一風違ったアトラクション。

 

それは・・・

 

目の前で炎が燃え上がるのです。

 

そんな、USJでしか体験できない、

炎が燃え上がるアトラクションの

バックドラフトの怖さを

ご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

USJバックドラフトが熱いのはどれくらい?

USJバックドラフトが熱いのはどれくらい?

バックドラフトはとても熱いので、

ジュラシックパークザライドや

ウォーターワールドで服が濡れたら、

バックドラフトで乾かそう

なんて話があるほど。

 

炎が燃え上がる火災現場の再現は、

その温度が1100度以上という

高温になっています。

 

だから、燃え盛る炎の前に立つと、

濡れた服が乾きそうなほどの熱風が

吹いてきます。

 

サウナで風が吹いたときに、

もわぁっと感じる熱さくらいなので、

やけどしそうな熱さや

炎が飛んでくることはありません。

 

では、バックドラフトの怖さは

どんなところにあるのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

USJのバックドラフトが熱い!その怖さの衝撃を感想にすると?

USJバックドラフトの怖さの衝撃とは?

バックドラフトは、

映画バックドラフトをベースとした

アトラクション。

 

そう言葉にすると

 

「そうなんだ」

 

と思うかもしれません。

 

しかし、映画バックドラフトは、

バックドラフト現象で起きた

火災現場で消防士が人を助ける

というもの。

 

では、USJのバックドラフトでは

何が体験できるかというと・・・

 

炎が燃え上がる

火災現場に立ち会うこと。

 

USJではバックドラフト以外にも

ウォーターワールドやジョーズが

燃え上がる火や炎を使います。

 

しかし、それらは、

観客は炎から少し離れているので

ある意味他人ごとのように見れます。

 

一方、バックドラフトは

目の前で炎が燃え上がり爆発するので

一瞬、自分の周りに炎が飛んできて、

巻き込まれそうな気分になります。

 

もちろん、炎は観客側には

飛んでこないようになっているので

安心してくださいね。

 

このような体験をすることは、

私のなかでは、

近くの一軒家が火災で燃えたのを

遠くから見たくらいで

普通ではありえません。

 

そうなると、

リアルな火災を目でみて

肌で熱さを体験することになるので

ただ立っているだけなのに

本能的な恐怖が沸き上がります。

 

目の前で大火災が起きていて、

逃げずに見続けるというのは、

実際に体験するとかなり怖いです。

 

でも、バックドラフトは、

火災を見る場所は

3列になっています。

 

もし、不安を感じるなら、

1列目ではなく、

3列目を狙いましょう。

 

会場に入場するとき、

一番左側の扉というか列が

3列目になります。

 

1列目と3列目では、

その距離は3mくらいしかありません。

 

しかし、このちょっとの違いで

燃え盛る炎から受ける恐怖は

段違いに変わります。

 

初めてなら3列目を狙い、

もう一度体験するときは、

1列目というのがおすすめです。

 

USJのバックドラフトが熱い!その怖さの衝撃を感想にすると?

USJバックドラフトの感想を実体験から

USJバックドラフトの感想を実体験から

USJのバックドラフトは、

他のアトラクションに比べて

待ち時間が比較的短かかったので

内容を知らずに体験しました。

 

最初は、

映画バックドラフトの撮影現場。

 

映画に登場する

バックドラフト現象や

火災現場の炎の中での撮影などを

映画監督などから紹介されます。

 

消防車などの展示もありました。

 

内容を知らなかったので、

映画の説明だけなのかと

思っていたら・・・

 

最後のブースにたどり着いたら、

バックドラフト現象が目の前で

起こったのです。

 

もちろん、再現なので

バックドラフト現象が

起きたわけではありません。

 

でも、炎は本物。

 

目の前で爆発したり、

はしごなどが崩れて来たり・・・。

 

何といっても、

目の前が火災現場になって

炎がどんどん燃え広がるのです。

 

一列目にいたので、

すごく熱いし、

炎が飛んできそうだし、

自分の立つ場所の足場が

崩れそうだし・・・。

 

お化け屋敷などのホラーな怖さや

絶叫系アトラクションとは

全く違った怖さに、

胸がキュッと握られたような

苦しさを感じました。

 

もう、早く終わってくれという感じ。

 

でも、それは1回目だけ。

 

2回目からはそれほどの怖さを

感じることなく、

炎の燃え上がりにすごいなと

驚きつつも冷静に観れました。

 

バックドラフトは

1回目が特に貴重な体験になる

と思います。

 

USJの他アトラクションに比べて、

待ち時間も短めなので、

少し時間が空いたときなどに

おすすめですよ。

 

スポンサーリンク

 

USJのバックドラフトが熱い!その怖さの衝撃を感想にすると?

まとめ

USJのバックドラフトが熱い!その怖さの衝撃を感想にするとまとめ

USJのバックドラフトの

火災現場の炎の熱さと怖さを

実体験からご紹介しました。

 

自分の目の前で

あれだけ大規模の火災が起きると、

かなりの恐怖を感じます。

 

でも、バックドラフトは、

これまで事故も1度もないので

傍観者として見ることができます。

 

話題のタネにもなるので、

友達同士やカップルには

特におすすめです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です