USJと大阪大好き

USJと大阪めぐりが楽しくなるとっておき情報てんこ盛り

USJと大阪大好き

USJハロウィンで仮面OK?仮装ルールでは?特殊メイクなら?

2019年09月09日 [ USJ ハロウィン 仮面 ]
ユニバのハロウィンの仮装

USJのハロウィンでは、

激こわのお化け屋敷もいいけど、

来園者の仮装でも大盛り上がり。

 

ハロウィンの仮装といえば

魔女やキャラクターもの

という感じですが、

USJでは違います。

 

キャラクターものはもちらん、

ゾンビなどのホラー系の仮装や、

ヨーロッパや日本のお化けの仮装、

スプラッタ風な仮装、

SWATのような仮装まで。

 

ちょっと他のテーマパークでは

禁止されそうな仮装の人達を

よく見かけます。

 

そうなると気になるのが、

USJの仮装はどこまでOKなのか。

 

そこで、USJの仮装で

顔に付ける仮面は大丈夫なのか

について

実体験を踏まえてご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

USJハロウィンで仮面はOK?

仮装するとなると、

まず考えるのが仮装にあった衣装。

 

他にも、ゾンビやお化けに

カオナシなどのキャラクター

SWATなどの防護マスクなど、

顔に仮面やお面をつける仮装

もありますよね。

 

USJのストリートゾンビでは、

徘徊するゾンビの仮装?が

すごくリアルなうえ、

来園者の仮装のクオリティも高いので

つい仮装にも気合が入ってしまいます。

 

しかし、USJでは仮面はNG.

 

以前は、仮装で仮面をつけても

大丈夫だったようですが、

今では仮面やお面はダメとのこと。

 

たまに、インスタやツイッターなどの

SNS投稿サイトで

USJで仮面をつけた仮装で

画像を投稿したものを見かけます。

 

しかし、USJでは仮面は禁止なので、

入場ゲートでも仮面を取ることになるし、

パーク内でも仮面やマスクは

USJのクルーに注意されます。

 

とはいえ、

2018年のUSJのハロウィンで

フルフェイスの仮面をつけた

カオナシの仮装をした二人組と

すれ違いました。

 

時間は19時くらいだったので、

パーク内はストリートゾンビで

薄暗い状況。

 

だから、カオナシの仮装の二人組は

見落とされたのかもしれません。

 

しかし、ストリートゾンビが始まった

薄暗いパーク内で、

仮面をつけたカオナシは

白い顔がぼーっと浮かんだ感じで

何ともいえない怖さでした。

 

人の顔は半分でもいいので

見えていると

すごく安心感があるものだなと

感じました。

 

このように、

USJの仮装では仮面はダメなら、

どこまでならいいのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

USJハロウィンで仮面OK?仮装ルールでは?特殊メイクなら?

USJハロウィンの仮装ルール

USJハロウィンの仮装ルールは

USJ公式ページのルールとマナーに

パーク内での仮装について

として記載されています。

 

この仮装のルールは、

USJで過ごしている多くの来園者の

安全と安心して過ごせるように

決められたものです。

 

だから、基本的には

一般的な常識を満たせば

どんな仮装でもOKといえます。

 

事実、USJなのに、

ディズニーキャラクターの仮装も

大丈夫なので。

 

では、USJの仮装で仮面がNGとは

どんなルールに

接触するのでしょうか。

 

USJの公式ページより抜粋。

顔が確認できない被り物および特殊メイク(目・鼻・口など、顔の一部を覆う特殊メイクの場合も不可)、フルフェイスマスク、顔の半分以上を覆うマスクや仮装マスク、ヘルメット(形状問わず)などをほどこしてのパーク入場およびパーク内での着用(ただし、パーク内で販売しているおもちゃやサービスなどは除く)

 

この仮装ルールより、

仮面やマスクは、

顔を半分以上覆うものがダメ

ということになります。

 

例えば、

千と千尋の神隠しのキャラの

カオナシの仮面は、

顔を全部覆うのでダメになります。

 

SWATやそれに似たもので登場する

顔を全面覆う防護マスクも

ダメということになります。

 

ただし、被り物やおもちゃなど

USJで販売されているものなら

大丈夫とのこと。

 

2018年のハロウィンの時期に、

USJに何度も行きましたが、

仮面やお面、防護マスクなどで

顔を半分でも覆う仮装の人は

見かけませんでした。

 

仮面で見かけたのは

カオナシの二人組だけ。

 

それ以外に見かけた仮装の人は、

仮面やお面ではなく、

ウィッグや顔に傷メイク、厚化粧で

工夫している感じでした。

 

顔を隠す仮面がマスクがダメなら、

特殊メイクはどこまでOK?

 

USJハロウィンで仮面OK?仮装ルールでは?特殊メイクなら?

USJハロウィンで特殊メイクはどこまでOK?

USJでは顔を隠す仮面やマスクは、

顔を半分以上覆う場合は着用不可

となっています。

 

でも、顔を隠すというと、

仮装のメイクや特殊メイクも

大丈夫かどうか気になりますよね。

 

メイクは時間がかかるし、

もしダメと言われたら、

せっかくの努力が水の泡。

 

先にご紹介した仮装のルールでは、

顔が認識できるメイクなら、

特殊メイクでも厚化粧でもOK。

 

私の実体験でも、

いかにも仮装用というメイクなら、

仮装用にいつもと違うメイク

というだけではなく、

傷メイクやシールをつけた人たちも

多く見かけました。

 

100均のハロウィンコーナーにも

顔に張る傷あとのシールが

売っているほどなので

使う人も多いのかもしれません。

 

なお、USJでもハロウィン期間は

特殊メーキャップキットがあり、

ハイクオリティな

ホラー系特殊メイクを

頼むことができます。

 

この特殊メイクはUSJの商品なので

メイクしたまま

USJで遊ぶことができます。

 

なお、あまりにも特殊メイクの

クオリティが高いので、

ユニバーサルワンダーランドには

メイクしたままでは

入ることはできません。

 

スポンサーリンク

 

USJハロウィンで仮面OK?仮装ルールでは?特殊メイクなら?

まとめ

 

USJハロウィンの仮装で、

仮面をつけても大丈夫かについて

ご紹介しました。

 

答えは、

顔を隠すフルフェイスはダメ。

 

顔を半分以上隠すものは

何であれダメという感じですね。

 

USJのハロウィンは、

仮装を楽しんでいる人も多いため

仮装のクオリティもすごい。

 

だからこそ、

仮装が行き過ぎないように

USJに入場できるルールを

抑えておきたいですね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です