USJと大阪大好き

USJと大阪めぐりが楽しくなるとっておき情報てんこ盛り

USJと大阪大好き

USJのジョーズは怖いorつまらない?楽しみ方がポイント

2019年07月29日 [ USJ ジョーズ 怖い ]

USJのアトラクションで、

評価が大きく分かれるな

と感じる乗り物があります。

 

それが・・・

 

ジョーズ。

 

ジョーズ乗り場のすぐ前には、

巨大な人食いザメが

宙づりでドンと置かれています。

 

ジョーズのアトラクションでは、

もちろん、この人食いザメが

主役ともいえるのですが。

 

そんなジョーズの体験では、

怖いとつまらないという

方向が違うような話を聞きます。

 

そこで、ジョーズは、

怖い乗り物なのか、

つまらない乗り物なのかを

実体験を含めてご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

USJのジョーズは怖いアトラクション?

USJのジョーズは怖い

という話をちらほら聞きます。

 

USJで怖いというと、

ハロウィンのお化け屋敷関係以外は

アトラクションの動きの激しさで

怖いという言葉が使われます。

 

フライングダイナソーや

ハリウッドドリームザライド、

ミニオンハチャメチャライド、

ハリーポッター・アンド・

ザ・フォービドゥンジャーニー

などなど。

 

一部3Dの映像を含めた

動きの激しいアトラクションも

ありますが。

 

でも、ジョーズは、

人食いザメがいる海をクルーズ

というアトラクションなので

船が激揺れするなど

動きの激しい部分はありません。

 

では、ジョーズは

一体何が怖いのでしょうか。

 

怖いを感じるのは

人それぞれだとは思いますが、

私が実際に体験してみたところ、

 

演出が怖い。

 

ジョーズは小型のボートに乗りますが、

実はこのボート、

 

水(海)の上に浮いているように

見えますが、

水の中にある線路に沿って

動いているのです。

 

だから、ボートが沈むことは

仕組みを担う機械が壊れない限り

ありません。

 

しかし、ボートに乗っていると、

突然巨大なサメが登場します。

 

そして、暗いボートハウスでも

サメが出現したり

びっくりさせる演出が目白押し。

 

このシーンは人によっては

怖いと感じると思います。

 

そして、極めつけが

石油タンクの大爆発。

 

爆発音もすごいし、

実際に炎が上がります。

 

ウォーターワールドのミニ版

が目の前で起きるとなると

その演出を全く知らないなら

かなりビックリな怖さです。

 

バックドラフトが怖い人なら

ジョーズの爆発&炎の部分は

怖いと思います。

 

このように、ジョーズが怖い

というのは、

フライングダイナソーのような怖さ

ではなく、

ウォーターワールドや

バックドラフトのような

驚きと危険が迫る恐怖ですね。

 

つまり、

他の絶叫系アトラクションと

怖さの種類が違うのです。

 

絶叫系の怖さが心配な人は、

ジョーズの怖さは大丈夫ですよ。

 

では、つまらないアトラクション

という人がいるのは?

 

スポンサーリンク

 

USJのジョーズは怖いorつまらない?楽しみ方がポイント

USJのジョーズはつまらないアトラクション?

USJのジョーズは、

つまらないアトラクション

という人もいます。

 

実は、そのなかに

うちの中高生の子供達や、

子供と一緒に体験した学校の友達も

含まれています。

 

子供と一緒にUSJに行ったとき、

ジョーズはつまらないから、

並ぶ時間がもったいないし

他のアトラクションに行こうと

何度も熱弁されました。

 

そこで、子供と一緒でないとき、

一人でジョーズを体験したところ、

 

そんなにつまらなくないけど。

 

むしろ、他のアトラクションとは

毛色の違った楽しさがありました。

 

私の体験をもとに、

もう一度子供達と話をしてみると、

 

ボートの動きがつまらない、

サメが作り物めいて怖くない、

 

とのこと。

 

確かにそのとおりですが、

ジョーズを楽しむポイントが

少しずれているよと

声を大にしていいたい。

 

私が思うに、ジョーズは、

アトラクションというよりは、

体験型のショーなのです。

 

USJのジョーズは怖いorつまらない?楽しみ方がポイント

USJジョーズの楽しみ方

USJでジョーズを体験するなら、

ハリウッドドリームザライドのような

楽しみを期待しないこと。

 

ジョーズの楽しみ方は、

ショーの出演者になった気分で

ジョーズの世界にのめり込むこと。

 

そうすれば、

巨大人食いザメの作り物感も

全く気にならなくなります。

 

だって、舞台や映画も

まわりにあるものが本物なわけ

ないですよね。

 

でも、ジョーズの世界観に

入り込むには、

そのきっかけがいります。

 

それが・・・

 

ボートの船長(クルー)の語り。

 

ジョーズのボートの船長さんは

雰囲気や臨場感を上げようと、

出発からハイテンションで

語り(演技)を頑張ってくれます。

 

これを客観的に観るのではなく、

一緒に盛り上げましょう。

 

すると、盛り上がったところで、

いきなり銃を発射したり、

巨大ザメが登場するので、

一気にジョーズの世界に入り込めるはず。

 

あとは、ジョーズの世界の一員、

ジョーズの舞台のわき役気分で

ジョーズのボートの旅を

楽しみましょう。

 

そうすれば、

巨大ザメにもびっくりするし、

すぐ近くで爆発が起きたら、

びっくり仰天するはず。

 

さらにおすすめは、

ジョーズを夜に体験すること。

↓ ↓ ↓ ↓

USJ夜こそおすすめのアトラクション!ジョーズやハリーポッター

 

夜だと周りが暗いので、

作り物めいた感がぐっと減り、

臨場感が上がりますよ。

 

スポンサーリンク

 

USJのジョーズは怖いorつまらない?楽しみ方がポイント

まとめ

 

USJのジョーズのアトラクションは

怖いのかつまらないのかと、

楽しみ方のポイントをご紹介しました。

 

ジョーズは、

楽しみ方によって面白さが

びっくりするほど変わります。

 

USJに行ったら、

ぜひジョーズも

楽しんできてくださいね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です